看護師子育てインターミニストRing

看護師子育てインターミニストRing

HOME

ナースの転職と資格を活かすことについて

専門職であるナース転職として働いている人が転職を考える際でも、異なった職種への転職を考える人も多くいるでしょう。けれど、一生懸命に看護師資格を得ることができたのですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。全く異なる職種だとしても、ナース転職の資格が優遇されるベテラン看護は多数存在しています。

頑張って得ることのできた資格ですから、有効に使わないのは損をしますね。よくきく話として、看護スタッフが違う仕事場を求める訳としては、看護スキルの向上を前面に出すのがお勧めです。元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、マイナス要素をあげてしまうと、それだけで評価を下げることになりかねません。

たとえ本音がそうだとしてもストレートに伝えることはないですから、積極的な姿勢で求職していることを表明してください。

ナース転職のためだけの転職サイトには、祝い金をもらえるサイトが存在します。

転職するだけなのにお金をもらえるのは嬉しくなりますよね。けれど、お祝い金を受け取るためには条件を満たしていなければならないことが多いので、先にチェックしておくようにした方がよいでしょう。

それから、お祝い金のないところの方がその他のサービスが充実している場合もあります。いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよいのかですが、だいたいが賞与支給を待って職場を離れる傾向にありますので、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。たしかに、専門職である看護師が不足し困っている医療と看護は多いのですが、できるだけ雇用契約の内容に満足出来る仕事場が見つかるよう、次の勤め先に移るまで3ヶ月程の期間を設けて、熟慮していくのがよいです。

立つ鳥跡を濁さずというのはキャンプファイヤーの時によく聞く言葉ですが、退職の時こそ心にとめておかないとならない言葉でもあるのです。そんなことは退職する人にとってはどうでも良いことと思もいきや、業界は狭いものですからね。
子育てしながら看護師として働くなら看護師子育て・働き方お悩み支援のサイト

転職活動とタイミングについて

とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、転職情報が多くなる時まで様子を見るのがベターです。

ただし肉を焼くのと同じことで、様子を見すぎてしまうと真っ黒になって焼きすぎてしまいます。この辺りは、経験がものをいう部分もまたあるのですけども、生焼けでまだ食べられない時期なのか、あるいはこれ以上焼くと黒こげになって食べられなくなるのか、この辺ぐらいは見極めが必要となります。

看護士だと、求人はたくさんありますが、希望に沿う条件での求人があることは少ないでしょう。

看護師資格を持つ方で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。なるべく給料が高くて、医療と看護環境が良く、夜勤がない治療する施設などに勤務したいとほとんどの方が思っています。
理想的な転職先で働くためには、情報収集が重要です。

あと、結婚するときに転職しようとする看護師業務も少なくありません。

パートナーとすれ違って離婚するよりは、転職を選択した方がいいでしょう。
今後、育児を行っていく気があるのなら結婚を機に自由時間を多くとれる職場に転職をすると生活しやすいですね。
イライラが多くなりがちだと、それが影響して妊娠しにくくなりやすいので、要注意です。

ラクダ
Copyright (C) 2014 看護師子育てインターミニストRing All Rights Reserved.